神奈川県のギター、ベース、ドラム、ウクレレ教室

第2回 パプリカミュージックスクール ドラム教室発表会レポート①

///第2回 パプリカミュージックスクール ドラム教室発表会レポート①

1ヶ月ほどたってしまいましたが、昨年末の12月20日(土)に藤沢太陽ぬ荘スタジオにて第2回 パプリカミュージックスクール ドラム教室発表会を開催いたしました。

当日は12名の生徒さんにご参加頂き、日頃の練習の成果をバンド形式で発表していただきました。

バンドでの演奏や人前での演奏が初めての方から、前回に引き続き参加の方、家族やご友人を交えて演奏を披露される方などバラエティーにとんだ内容となり、あっという間の一日でした。

当日の様子を写真と共にレポートにまとめたいと思います。

 

発表会のトップバッターを務めてくれたのは、去年に引き続き関根君です。

レオ君

 

曲はくるりの「ばらの花」にチャレンジしました。

数あるくるりの名曲の中でも人気の高い一曲です。

曲後半の盛り上がりと共にドラムも複雑になってくるのですが、何度も繰り返し練習し、本番はしっかり披露できていました。

 

続いては中村君。

アキト君

 

関根君と共に最年少の出場です。

今回チャレンジしたのはユニコーンの「HELLO」。

やはり後半に難しいパターンがでてくるのですが、しっかり練習の成果を発揮できていたと思います。

二人とも2年連続の出演となりましたが、去年も観ていただいた方の多くに「上手になってる」との声を頂きました。

 

続いては十川様です。

十川さん

 

今回初めてのご出演です。

曲は桑田圭祐&Mr.Childrrenの「奇跡の地球」です。

バンドの演奏も、人前での演奏も初めて、とのことで緊張されていたようですが、最後までしっかり叩ききることができました。

 

続いては谷さんです。

谷さん

 

昨年に続き2度目の参加です。

スピッツの「まもるさん」という曲を演奏していただきました。

16ビートやスプラッシュシンバルが入ってきたりと、難しい構成の曲でしたが、大好きな曲とのことで、たくさん練習し堂々と演奏されました。

 

続いては北澤様です。

北澤さん

この日はベースに旦那様、ギターに息子様のサポートのもと、松田聖子の「輝いた季節へ旅立とう」を披露していただきました。

家族でのご参加ということで、他の生徒さんやお客様から「いいなぁ」との声が上がっていました。

3人でスタジオにも入り、特訓してきたとのことでした。

家族でバンドができるってとても楽しそうですよね。

 

続いては中村様です。

中村さん

 

二番目に演奏してくれた中村君のお父様です。

親子でレッスンに通っていただいています。

演奏されたのはモンゴル800の「小さな恋のうた」です。

メロコアなどテンポの速い曲が好きとのことで、今回はこの曲にチャレンジしました。

 

6名様が終わった時点で前半終了です。

後半の6名様についてはまた次回レポートしたいと思います!

 

 

 

 

 

2015-01-27T17:32:25+00:001月 27th, 2015|ドラム教室, ブログ|0 Comments