Toggle SlidingBar Area
johnny 2014-09-20T14:40:47+00:00
15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全24件中)
  • 投稿者
    投稿
  • 鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023
    #1821 |

    ■2014年9月20日の内容■
    ●スティックコントロール
    ・チェンジアップ(4,8,16分音符、テンポ70~80)
    ・16分音符リズムリーディング5パターン(70~80)

    ●ドラムセット
    ・8ビートプリント④~⑨
    ・「Birthday」楽譜1枚目読譜、基本の2小節と別パターン、フィル確認

    ★ポイント
    ・16分音符を使ったリズム、フィルの手順は基本的に考え方は一緒です。まずはしっかり基本通りに叩くようにしましょう。
    ・「Birthday」はバスドラの8分連打が大変ですね。安定してキープできるように練習がんばって下さい。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年10月26日の内容■
    ●ドラムセット
    ・「Birthday」ラストまで譜面確認
    ・フラム(装飾音符)の確認

    ★ポイント
    ・「Birthday」の基本のビートはとても良くなっていました。
    あとは1回目や、別なフレーズからの切り替え後もしっかりそのフレーズを演奏できるといいですね。
    ・最後のフレーズは前の小節の最後にクラッシュシンバルを入れることでアクセントの感じがかわりますね。これをシンコペーションと言います。次回もう一度確認し、できたら曲に合わせてみましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    2014年11月8日の内容■
    ●ドラムセット
    ・「Birthday」ラストまで譜面確認、0.9倍速に合わせて通し

    ★ポイント
    ・場面が展開する際にテンポが遅くなったり、クラッシュを忘れたりしないように、スムーズにつながるよう気をつけて練習しましょう。
    ・最後のフレーズはバスドラが安定しないので注意しましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年11月22日の内容■
    ●ドラムセット
    ・「Birthday」ラストまで譜面確認、0.9倍速に合わせて通し

    ★ポイント
    ・フロアからハイハットに戻る場面でバスドラがもつれないように気をつけましょう。
    ・フィルやクラッシュを入れるのを忘れないように、自分が今どこを演奏しているのかしっかり譜面を追えるようにしましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年12月7日の内容■
    ●ドラムセット
    ・「Birthday」通常、0.9倍速に合わせて通し、曲なしで通し確認

    ★ポイント
    ・場面展開のクラッシュが抜けないように気をつけましょう。
    ・バスドラは足がもつれないように、連続で叩く練習をしてみてください。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年12月13日の内容■
    ●ドラムセット
    ・「Birthday」通常、0.9倍速に合わせて通し、曲なしで通し、ドラムソロ~VERSE部分まで確認

    ★ポイント
    ・バスドラの8分はだいぶ安定してきてました。勢いよく最後まで行けるように引き続き継続して練習してください。
    ドラムソロからしばらく盛り上がる場面が続きますので、場面の切り替えなどクラッシュやバスドラが抜けないように気をつけましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年12月16日の内容■
    ●ドラムセット
    ・「Birthday」0.9倍速に合わせて通し、曲なしで通し、ドラムソロ~VERSE部分まで確認

    ★ポイント
    ・スーツ、革靴でも演奏できることが確認できてよかったと思います。
    イントロのパターンなど、小節の頭のバスドラが抜けないように気をつけましょう。
    また、ドラムソロからのバスドラの8分が安定するように集中して演奏しましょう。
    では本番まで練習がんばってください。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2015年2月21日の内容■
    ●ドラムセット
    ・「TWIST AND SHOUT」D.Sまで確認
    ・フラム、ロールの説明

    ★ポイント
    ・フラム、ロールは今後様々なシーンででてくると思われますので慣れておきましょう。
    ・ロールはヘッド付近からスティックをヘッドにあて、リバウンドさせて音が途切れないようにしましょう。
    ・フィルは手順を間違えるとスムーズに叩けないので、基本の手順をしっかり守るようにしましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2015年2月28日の内容■
    ●ドラムセット
    ・ロールのフレーズ確認
    ・「TWIST AND SHOUT」ラストまで確認、曲に合わせて通し
    ・追加フィル4パターン確認

    ★ポイント
    ・ロールのフレーズは、左手のリバウンドが次の右手まで途切れないように練習しましょう。
    ・フィルは手順に気をつけましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2015年3月14日の内容■
    ●ドラムセット
    ・「TWIST AND SHOUT」フィル確認、曲に合わせて通し
    ・「HEY BULLDOG」イントロ、フィルのフレーズ確認

    ★ポイント
    ・フィルの手順を間違えないように注意しましょう!また、前後をつなげて練習しましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2015年3月21日の内容■
    ●ドラムセット
    ・「BIRTHDAY」確認、曲に合わせて通し
    ・「TWIST AND SHOUT」フィル確認、通しで確認

    ★ポイント
    ・「BIRTHDAY」はフィルやパターンがかわった後の小節の頭のバスドラが抜けないように注意しましょう。
    ・「TWIST AND SHOUT」をバンドでやる時はフィルで止まらないようにしましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2016年6月12日の内容■
    ・「BIRTHDAY」確認
    ・「TWIST AND SHOUT」曲に合わせて通し、フィル確認

    ★ポイント
    久しぶりのレッスンでしたが、前回までやったところはしっかり覚えていましたね!
    フィルは少し難しいですが、フレーズをイメージして、手順を守るようにしましょう。
    次回からは「Let It Be」も確認していきましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2016年7月10日の内容■
    ・「TWIST AND SHOUT」曲あり、なしで通し、フィル確認
    ・「Let It Be」譜面確認、シェイク解説

    ★ポイント
    「TWIST AND SHOUT」のフィルはとても良くなっていました。引き続き入るタイミングやフィルの後が乱れないように気をつけましょう。
    「Let It Be」シェイク(ドッチッタンチタ)は、ハイハットがスネアにつられないように注意して復習しましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2016年7月27日の内容■
    ・「TWIST AND SHOUT」曲ありで通し、フィル確認
    ・「Let It Be」1番サビ終わりまで確認

    ★ポイント
    「Let It Be」の入りをフロアを加えたフレーズに変更しました。シェイクは上手に復習できていたので、ビートの途中のフィルのタイミングを気をつけましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2016年8月4日の内容■
    ・「TWIST AND SHOUT」曲ありで通し、フィル確認
    ・「Let It Be」サビ、間奏のリズム確認

    ★ポイント
    「Let It Be」フィルのタイミングに注意です。
    曲を聴いてタイミングをしっかり覚えましょう。
    また、曲が結構ゆっくりなので、速くならないように気をつけましょう。

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全24件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。