Toggle SlidingBar Area
D-014 T.K 2014-07-02T21:16:22+00:00
15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全81件中)
  • 投稿者
    投稿
  • 鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023
    #1459 |

    ■2013年9月4の内容■
    ●スティックコントロール
    ・チェンジアップ(4,8,16分音符、テンポ110~120)
    ・16分音符(テンポ100~110)
    ・16分音符リズムリーディング⑥~⑩、⑪~⑮(テンポ90)

    ●ドラムセット
    ・「デジャヴ」テンポをあげて確認
    ・ハイハットオープン説明、4パターン
    ・「デジャブ」ハイハットオープン部分確認
    ・シェイク応用3パターン
     
    ★ハイハットのオープン奏法は、オープンとクローズのメリハリが重要になってきます。
    左足のタイミングを覚えたらハイハットの音に気をつけて演奏しましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2013年9月25日の内容■
    ●スティックコントロール
    ・チェンジアップ(4,8,16分音符、テンポ110~115)
    ・16分音符フォーム確認(テンポ90~100)
    ・16分音符リズムリーディング確認⑯~⑳(テンポ90)

    ●ドラムセット
    ・シェイク応用6パターン
    ・ハイハットオープン2、3段目
    ・「クラシック」2回目のAメロまで確認

     
    ★今日のポイント
    ・16分音符のフォームを徐々に改善していこうと思います。左手の肘の位置が上がらないように気をつけましょう。
    ・ハイハットオープンは、手足の動きはOKなので、クローズとのメリハリをつけて演奏しましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2013年10月9日の内容■
    ●スティックコントロール
    ・16分音符確認(テンポ100~110)
    ・チェンジアップ(4,8,16分音符、テンポ110)
    ・3連符説明(テンポ90)

    ●ドラムセット
    ・ハイハットオープン3段目、4-1
    ・「クラシック」サビまで確認
    ・フラム(装飾音符)の説明
     
    ★今日のポイント
    ・16分音符はしばらく左手が課題です!
    手首を柔らかくするようにストレッチなどしてみてください。
    ・ハイハットはオープンの音がよくなってきたので、バスドラと重なる部分に気を付けて演奏しましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2013年10月16日の内容■
    ●スティックコントロール
    ・16分音符1分間(テンポ100)
    ・チェンジアップ(4,8,3連,16分音符、テンポ90~95)

    ●ドラムセット
    ・ハイハットオープン3段目、4段目1、2
    ・「クラシック」サビまで確認、0.9倍速、通常のテンポに合わせて確認
    ・ギターソロの変則的なリズム確認
     
    ★今日のポイント
    ・チェンジアップの3連符前後の切り替えにメリハリをつけましょう。
    ・ハイハットオープン4段目はスネアと重なるバスドラが抜けないように気をつけましょう。
    ・「クラシック」フィルのバスドラの位置に気をつけましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2013年10月30日の内容■
    ●スティックコントロール
    ・チェンジアップ(4,8,3連,16分音符、テンポ95~105)

    ●ドラムセット
    ・リズムリーディング①~⑤+バスドラ4分音符(テンポ90)
    ・ハイハットオープン4段目、オープン2つ1パターン
    ・「クラシック」ギターソロまで0.9倍速で確認
    ・Cメロ途中まで確認
     
    ★今日のポイント
    ・チェンジアップの16分音符の手首が固いので、力を抜いて演奏しましょう。
    ・8ビートなどで、スネアの直後のバスドラのタイミングが早いことが多いです。
    余裕を持ってしっかりタイミングを合わせましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2013年11月20日の内容■
    ●ドラムセット
    ・チェンジアップ+バスドラ4分音符(4,8,3連,16分音符、テンポ95~100)
    ・リズムリーディング⑮~⑳+バスドラ4分音符(テンポ90)
    ・ハイハットオープン2つ5パターン確認※最後2パターン課題
    ・「クラシック」ハイハットオープン確認、ハーフオープン説明
    ・曲に合わせて通し
     
    ★今日のポイント
    ハイハットオープンのタイミングが遅く、しっかりオープンできていないことがあるので気をつけましょう。
    また、曲中でのオープンやハーフオープンで前後が不安定になるので、しっかり通し練習しましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2013年12月12日の内容■
    ●ドラムセット
    ・チェンジアップ+バスドラ4分音符(4,8,3連,16分音符、テンポ100~110)
    ・リズムリーディングⅡ④、⑤+バスドラ4分音符(テンポ90)
    ・ハイハットオープン2つ2パターン、シェイク+オープン4パターン確認
    ・「クラシック」曲に合わせて通し
    ・Gソロ前後通しで確認
     
    ★今日のポイント
    16分音符は左手首を降るように意識して叩きましょう。
    Gソロの場面は焦って早くなりがちなので、落ち着いて演奏するようにしましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2013年12月18日の内容■
    ●ドラムセット
    ・チェンジアップ+バスドラ4分音符(4,8,3連,16分音符、テンポ105~115)
    ・リズムリーディングⅡ⑤、⑥+バスドラ4分音符(テンポ80)
    ・ハイハットハンドバリエーション2パターン
    ・「クラシック」曲に合わせて通し、Gソロ前後通しで確認
    ・「BELOVED」イントロ確認

    ★今日のポイント
    ハイハットバリエーションは、バスドラにハイハットがつられないよう気をつけましょう。
    「BELOVED」のフィルは長いフレーズが多いですが、細かく分解すると難しいリズムはないので、繰り返し叩いて体に馴染ませましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年1月8日の内容■
    ●ドラムセット
    ・チェンジアップ+バスドラ4分音符(4,8,3連,16分音符、テンポ110)
    ・リズムリーディングⅡ⑤~⑦+バスドラ4分音符(テンポ80、⑦は70)
    ・ハイハットハンドバリエーション6パターン
    ・「クラシック」曲に合わせて通し、Gソロ以降確認
    ・「BELOVED」イントロ~Aメロ確認

    ★今日のポイント
    ハイハットバリエーションは、バスドラが自由に動けるように手の動きはキープしましょう。
    「BELOVED」のAメロ前のハイハットオープンは慎重に鳴らしましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年1月15日の内容■
    ●ドラムセット
    ・チェンジアップ+バスドラ4分音符(4,8,3連,16分音符、テンポ110~120)
    ・リズムリーディング⑥~⑧+バスドラ4分音符(テンポ70)
    ・ハイハットハンドバリエーション8パターン
    ・「BELOVED」Bメロ~二回目のBメロまで確認

    ★今日のポイント
    ・リズムが難しい時は、口ずさんでイメージしながら演奏しましょう。
    ・フィルなどのタムタムの手順はその場に応じて叩きやすいように変えていきましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年1月29日の内容■
    ●ドラムセット
    ・チェンジアップ+バスドラ4分音符(4,8,3連,16分音符、テンポ110~120)
    ・リズムリーディング⑦~⑨+バスドラ4分音符(テンポ70)
    ・ハイハットハンドバリエーション10パターン
    ・「BELOVED」二回目のBメロまで通し、ラストサビ一回目まで確認

    ★今日のポイント
    ・リーディングは、バスドラと両手の連携に気をつけましょう。
    ・ハイハットバリエーションはバスドラがだいぶしっかりしてきました。右手のハイハットがつられないように気をつけましょう。
    ・「BELOVED」の移動が早いフィルなどは余裕を持って叩けるようにしましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年2月5日の内容■
    ●ドラムセット
    ・チェンジアップ+バスドラ4分音符(4,8,3連,16分音符、テンポ115~125)
    ・リズムリーディング⑧~⑩+バスドラ4分音符(テンポ70)
    ・ハイハットハンドバリエーション6パターン、裏打ち2パターン
    ・「BELOVED」ラストまで確認

    ★今日のポイント
    ・リズムリーディングは、休符後のタイミングに気をつけましょう。
    ・裏打ちのハイハットもバスドラにつられないように気をつけて叩きましょう。
    ・「BELOVED」は最後まで譜読みが終わりましたね。後はスムーズに通せるように繰り返し復習をお願いします。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年2月19日の内容■
    ●ドラムセット
    ・チェンジアップ+バスドラ4分音符(4,8,3連,16分音符、テンポ115~120)
    ・アクセントの説明、プリント①、②
    ・ハイハットハンドバリエーション★3パターン、裏打ち4パターン
    ・「BELOVED」後半フィル確認、曲に合わせて通し

    ★今日のポイント
    ・アクセントは、その音を強く叩くのと同時に、アクセント以外の音量を抑えて叩くようにしましょう。
    ・「BELOVED」のタム回しのフィルは、焦って速くならないように気をつけましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年2月26日の内容■
    ●ドラムセット
    ・アクセントプリント①~⑥
    ・手足のコンビネーション①~④
    ・ハイハットハンドバリエーション裏打ち8パターン
    ・「desire」サビまで確認

    ★今日のポイント
    ・アクセントはランダムに入ってきても叩き分けられるように、リズムをイメージして叩きましょう。
    ・ハイハットの裏打ちの最後のパターンは、バスドラとスネアが重なるところを意識しましょう。

    鈴木 えりか鈴木 えりか
    モデレーター
    Post count: 1023

    ■2014年3月5日の内容■
    ●ドラムセット
    ・アクセントプリント①~⑧
    ・ストローク4種類説明
    ・手足のコンビネーション③~⑧
    ・ハイハットハンドバリエーション裏打ち4パターン※最後要確認
    ・「desire」Gソロまで確認
    ・クローズリムショット説明

    ★今日のポイント
    ・アクセントは4つのストロークを叩き分けます。次がどうなるかを考えてどのストロークになるか、意識してやってみましょう。
    ・クローズリムショットは、ヘッド(打面)にスティックを当てる位置で音が変わってきます。どこを当てるといい音がするか、またそのポイントをキープできるように、次回また確認しましょう。

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全81件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。