第2回パプリカミュージックスクール ドラム教室発表会レポート②

///第2回パプリカミュージックスクール ドラム教室発表会レポート②

更新が遅くなってしまいましたが、2014年12月20日(日)、藤沢太陽ぬ荘にて行われた 第2回パプリカミュージックスクール ドラム教室発表会の後半戦をレポートにまとめたいと思います。

 

後半のスタートを切ってくれたのは、現役女子高生の太田様です。

智香ちゃん-2

今回初めて発表会に参加していただきました。

曲はASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」です。

映画化もされた浅尾いにお原作「ソラニン」の劇中歌です。

お友達もギターボーカルで参加していただき、高校生ならでは元気ある演奏で会場を和ませてくれました。

 

次に登場していただいたのは水野様です。

水野さん

 

演奏していただいた曲はブルーハーツの名曲「青空」です。

普段お友達とバンド活動をされているということなので、ご一緒にご出演していただきました。

3人でしっかり練習をされてきたようで、息のあった安定した演奏を披露してくれました。

 

次に演奏していただいたのは自称ジョニーさんです。

江間さん

 

The Beatlesがが大好きということで、この日に選んだ曲はThe Beatles「The Birthday」です。

8小節ほどのドラムソロ部分があり、その後の展開が大いに盛り上がるハッピーな一曲です。

通っていただいて半年という短い期間での出演となりましたが、たくさん練習を重ね本番に挑んでいただき、大いに会場を沸かせてくれました。

 

次の登場は大学生の柴田君です。

柴田君

 

去年に引き続きの出演です。

選んだ曲は相対性理論の「ミス・パラレルワールド」です。

相対性理論は浮遊感のあるボーカルにバックの凝った演奏がなんとも言えない独自のワールドを作り上げているバンドです。

難しいフレーズもでてくるのですが、一貫してとても安定した心地よい演奏を披露してくれました。

 

次に登場してくれたのはくつしたさんです。

くつしたさん

 

曲はSuper Junky Monkey「We’re the good times」です。

くつしたさんが学生時代にサークルで歌ったことがあり、その時にドラムがかっこいいなと思っていた曲だそうです。

今回はご自身でチャレンジしていただきました。

この曲は展開も多くかなりの難曲でしたが、発表会の数ヶ月前から時間をかけて練習し、当日は集中して楽しく叩けていたと思います。

 

発表会の最後に演奏してくれたのは柴田様です。

旦那ちゃん

 

先に出演した奥様(くつしたさん)と共にレッスンに通っていただいています。

曲はLed Zeppelin「ROCK AND ROLL」。

偉大なドラマー、ジョンボーナムが在籍していたバンドです。

初めて一年とは思えない上達ぶりと、度胸を買って発表会のトリに抜擢させていただきました。

本番では奥様がボーカルで参加し、夫婦息の合った演奏で会場を盛り上げてくれました。

 

以上12名の生徒さんの演奏のあとは私も2曲だけ演奏させていただきました。

講師演奏

 

曲はJimi Hendrix「Can you see me?」と、two door cinema club「cigarettes in the theatre」です。

皆さん好きな曲を選んで演奏されていたので、私もドラムパートがかっこいい自分の好きな曲を選びました。

オールディズのロックと、現代のロック、全く違うテイストですが、どちらも楽しく叩かせていただきました。

 

以上、ドラム教室発表会のレポートでした。

普段レッスンは基本的にマンツーマンなのですが、音楽は他人と共有できるというのが大きな魅力の一つです。

生徒さんたちが他の生徒さんの発表を見たり、交流しているのを見てとても嬉しく思いました。

ぜひまたこういう場を企画していきたいと思っていますので、今後もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

2015-02-21T19:35:57+00:00 2月 14th, 2015|ドラム教室, ブログ|0 Comments